メイルエッジの特徴

メイルエッジは本体に強化プラスチックを採用することにより、圧倒的な軽量化に成功しました。

そのためこれまで大きなネックとなっていた金属アレルギーが解消、また軽量化によるメリットとして器具が外れたときにズボンの裾から落としてしまうリスクも軽減されています。


※クリップと粘着ガーゼを併用すると外れても器具の落下を防ぐことができます。


またメイルエッジは一体型のペニス増大器具ですから、煩わしい予備パーツを持ち歩く必要もありません。 メイルエッジには本体サイドロッド部分に6段階の調整機能があるので器具を装着したままの状態で牽引力を段階的に強化していくことが可能です。 この画期的な機能により初心者はもちろん、増大器具の扱いに慣れた上級者にもご満足いただいております。



牽引型ペニス増大器具はなんらかの方法でペニスを引っ張ることになるのですが、いったいどんな方法で引っ張るのでしょうか。

昔は縄や紐で亀頭部分に括り付けて錘(おもり)をぶら下げていました。

現在は直径約7ミリメートルのシリコンチューブが多いのですが、メイルエッジは幅約20ミリメートルのラバーストラップを採用しています。 想像してみてください、7㎜のシリコンチューブ(チューブの場合は構造上接点が必ず7ミリ以下になります)で亀頭下部を締め付け引っ張り上げるのと、2センチメートルのラバーストラップ・・・どちらが肌に食い込むでしょうか・・・答えは明白です。


元来、DanaMedic社が開発したジェスエクステンダーは直径7ミリメートルのシリコンチューブを採用していましたが、現在では改良されメイルエッジ同様幅20ミリメートルのラバーストラップになっています。

これはDanaMedic社が顧客の意見から牽引部分がシリコンチューブでは痛みが非常に強く長時間の装着に堪えないとの結論に達し改良を重ね完成したものです。 つまりメイルエッジは線ではなく面で押さえることで痛みも軽減できるのです。



メイルエッジの幅広ラバーストラップと保護パッドの組み合わせは抜群です。

ペニス増大器具は長時間装着がご自身の目標達成の秘訣となりますが、痛みやすっぽ抜け(亀頭から牽引部分が外れてしまう現象)がそれを阻害します。痛みはやる気を萎えさせますし、すっぽ抜けは牽引効果を半減させてしまいます。

その対策としてDanaMedic社が用意したものが《プレミアム保護パッド》です。

低反発素材のプレミアム保護パッドは牽引部分(亀頭下部)に巻いて使用します。このときリング状のままではなく、ハサミなどで切断してから亀頭下部に包帯を巻くように巻き付け、その上からラバーストラップを締め込みます。

ここでオススメなのが、保護パッドを2個重ねて使用する方法です。低反発素材のプレミアム保護パッドはペニスへの負担も小さいうえに滑り辛く、またクッション効果も高いので亀頭の鬱血が軽減されます。



ペニス増大器具を有効に活用するには長時間装着は必須ですが、《牽引力》も重要です。

なぜなら、増大効果は牽引力と装着時間に比例します。

強い力で引っぱられている時間が長いほど効果が期待できるのです。


メイルエッジは1200グラムから最大で2800グラムの牽引力を発揮できるように設計されていますが、ペニス増大器具を初めて使用する方や増大トレーニングの経験のない方が実際に使用するなら1500グラムから1800グラム程度の牽引力で十分な効果を期待できます。

既にかなりのサイズアップを実現している上級者の方はご自身の判断で2000グラム以上の牽引力をご活用ください。



商品ラインナップ

メイルエッジにはEXTRA、PROの2種類のパッケージ。本体の機能に違いはありませんが、色と消耗品アクセサリーの有無に違いがあります。 付属品の内容については、下部の表をご参照ください。











お問い合わせ

平日10:00~17:00お気軽にご相談下さい!
フリーダイヤル ヤローヨ ハヤク
0120-864-889
24時間受付メールでも受付けております!
support@sg-store.jp

会社概要

MaleEdgeロゴイメージ

製造元

社名
DanaMedic ApS (ダナメディック社)
所在地
Bostamose Oestre Straede 1a Klampenborg Denmark

輸入販売元

社名
株式会社エスジープランニング
所在地
北海道札幌市中央区宮の森2条11-6-33 オリエントビル
TEL/FAX
TEL : 011-676-4072 / FAX : 011-621-0161
取扱開始日
2009年8月